住宅ローン減税の見直し

2020年12月03日

売買事業部の板垣です。

 

昨日は人間ドックに行ってきました。

 

ランチ付きは嬉しい!

 

実費24,000円は痛いですけど、、、

 

人間ドック01

人間ドック02

 

子供がまだ0歳、2歳ですし、まだまだ頑張らないといけません。

これくらいの出費は仕方ないですね。

 

 

さて、表題の住宅ローン減税についてです。

 

 

住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)とは、
簡単に言うと、住宅ローンを利用してマイホームを購入すると、
一定要件のもと所得税からの控除が受けられる制度です。

 

 

今までは50㎡以上の住宅が減税の要件でしたが、自民党は

40㎡以上となるよう、与党税制改正大綱に反映させる方針のようです。

 

 

40㎡以上ということは、一人暮らしの方が好む1LDK物件も

対象になり、ありがたいですね。

 

 

ちなみに、この40㎡とか、50㎡というのは
内法(うちのり)面積のことです。登記簿記載の面積です。

 

 

Suumo、アットホーム、このホームページ等、不動産広告のほとんどは
壁芯(へきしん)面積での表示となります。

 

 

壁芯内法

 

成立しても壁芯面積は41平方メートルですが、

登記簿面積は39平方メートルなんて言う物件の場合、

住宅ローン減税の対象ではありません。

ご注意くださいね。